決戦 広島 vs 川崎

こんにちは

 

広島戦、本来はパブリックビューイングで観戦するつもりでしたが、試合前日になって

 

やっぱ行くか!

(*゚∀゚)=3 ムッハー

 

ってことで急遽、遠征を決行!

 

アウェイ遠征はいつも旅行を兼ねて行ってますが、今回はほぼ事前の計画なしで、遠征に必要最低限なものだけ揃えて出発。

 

計画性、0です(ノ∀`*)ハハハ

 

f:id:ackn14:20180819114326j:image

 

出発前、おかんからLINE

J( 'ー`)し「お土産は勝ち点3と、もみじ饅頭ね」

 

f:id:ackn14:20180820133119j:image

 

まっかせーい!

(*゚∀゚)=3 ムッハー

 

 

そんなわけで、 

広島駅→横川駅→バスで移動

f:id:ackn14:20180820134314j:image

 

 この路線バス、ずーっとPASMOが使用不可で不便だったんですが、知らぬ間に使えるようになってました。

 

まっチャージ金額不足で、結局は現金払いでしたが┐(´∀`)┌マッタク

 

f:id:ackn14:20180820135029j:plain

 

というわけで、とうちゃこ!

 

てか西日が熱い!日焼けする熱さ!

 

退散! ヾ(´Д`*)ノ"=3=3=

 

f:id:ackn14:20180820135100j:plain

f:id:ackn14:20180820135223j:image

 

日が陰るまで涼みつつ

スタグルで腹を満たしては

酔いやすいクセに酒を呑み

案の定酔って我満足

 

さて、帰るか←⁉ 

 

f:id:ackn14:20180820194700j:plain

 

 川崎からは、日曜の遠征ナイターにも関わらず1000人ものサポーターが駆け付けたそう。

 

みんな、仕事は?w

 

 

f:id:ackn14:20180820134751j:plain

 

かつてフロンターレにも在籍したパトリックは、今季16得点と猛威を奮うストライカー。

 

これは我々が止めなければ(フラグ) 

 

f:id:ackn14:20180820191531j:plain

f:id:ackn14:20180820194100j:plain

 

知ってた(回収)

 

 

ですが、失点しても全く動じないのが今のフロンターレ

気落ちするどころか、むしろ広島の堅守を徐々に攻略。

 

 

そして63分、エウシーニョが裏に飛び出して折り返し

小林悠が合わせる!同点!

 

f:id:ackn14:20180820201135j:plain

 

その後、フロンターレサポーターがSHISHAMOの「明日も」のチャントを歌った時

 

NEWS ZEROの特集で、号泣していた吉川ちゃんの姿を思い出した・・・。

 

 

このチャントで選手たちを鼓舞し、等々力ライブ中止の無念を晴らしたかった。 

勝ちたい気持ちがより一層高まった。

そう思った時

 

f:id:ackn14:20180820200007j:plain

 

PK 獲得

 

思わず泣きそうになりました・・・。

 

 

f:id:ackn14:20180820195304j:plain

 

これを頼れるキャプテンがきっちり決め、逆転!

 

 

初対面の見知らぬおじさんと熱い抱擁を交わし、誰彼構わずハイタッチし、

もう本当に気分は最高でした。

 

f:id:ackn14:20180820203818j:plain

 

終盤のサンフレッチェ広島の猛攻をしのぎ

 

広島 1-2 川崎

 

痺れる首位決戦を、川崎が制しました。

 

 

f:id:ackn14:20180820192127j:plain

 

直前の思い付きで決行した遠征で、観光も何もしなかったんですが。

 

こんだけ楽しくて面白いサッカーが観れるなら、もう十分です(^-^)

 

 

f:id:ackn14:20180820205751j:plain

 

楽しかった!

 

今年も絶対タイトル獲ろう!フロンターレ

 

また喜ぶ姿を見たい…

こんばんは

 

昨日の試合

川崎は優勝争いに、長崎は残留争いに勝ち抜くためにも重要な試合でしたが

 

川崎 0‐0 鳥栖

長崎 1‐2 鹿島

 

二重に悔しい思いをする結果になりました (-_-;)

 

複数クラブを応援するというのは、喜びも悔しさも倍増するものです…。

 

 

f:id:ackn14:20180816155254p:plain

 

とはいえ、川崎は順位を上げて暫定2位。

スコアレスドローなのに、なんかちょっと報われた気もする。

 

一方、長崎は順位を下げて17位に…。

残留争いライバルだと思ってた名古屋が、一つしか順位は変わらないのに、既に遠い存在に思える…。

 

 

川崎が25本シュートを撃って1点も決まらないなんて贅沢な悩みで、長崎が自動降格圏に落ちたことの方が、遥かに重くて悩ましい。 

 

しかも試合結果よりショックなのが、長崎サポーターの雰囲気…。

 

 

大旗が振られない観客席

試合後のブーイング

選手の挨拶前に片づけられる横断幕・・・

 

 

自分は、昨日トラスタにいた人間ではないし、彼らがどんな事情や想いでそうした行動をとっているかは、よく知らないです。

 

ただ、明らかにいつもと違う、純粋にクラブを信じて応援するような雰囲気ではないことはハッキリと分かる…。

 

 

f:id:ackn14:20180816171741j:plain

 

個人的に、ブーイングには肯定も否定もしてません。(反対はしてる)

 

クラブが掲げる理念に賛同し、お金や時間を費やしてスタジアムで応援しているサポーターには、結果や姿勢に対して文句を言える権利がある。

なので、結果が出なくて批判されるのは、良し悪しはともかくとして当たり前だと思う。

ましてや、今の順位にいて簡単に前を向ける訳もなくて、クラブを信じるのも限界が来つつあるから、なおさら…。

 

 

ただ、すぐに次の試合は来るし、まだ何も決まったワケではありません。

 

決定機が決まらないだけの川崎と違って、結果が出ない長崎は何かを変えないといけない。

でも、変わるべきはサポーターじゃない。

どんなに成績が振るわなくても、僕らがやるべきことは、ただクラブを信じて応援することのみ。

 

苦しいときこそいつもと変わらぬ後押しをしましょうよ。

 

f:id:ackn14:20180816162141j:plain

 

そんな苦しいチーム状態だけど

今日、DAZNで映像を観ていて

 

長崎はまだ戦える。大丈夫。

と思う。

 

ブーイングが起こったと聞いて、どんなどん底かと思ったけど

全然まだいけるよ、長崎。

 

何も出来ずに負けたワケではなく、消極的なプレーに終始したワケでもない。

残り12試合もあって、他のチームと勝ち点差を離されてるワケでもない。

 

サポーターも諦めているような雰囲気は無くて、「お前たちと共に闘うぜ」と試合後に唄ってる。

 

心が折れるまで、夢と希望を持ち続けたいと思う。

 

 

ふらっと現れた僕を快く迎え入れてくれたサポーター達が喜ぶ姿をまた見たいから、僕も諦めずにしぶとく応援します。

現地観戦記 川崎vs清水

こんにちは

 

 

ピースマッチへの想いは、20羽ほどの折り鶴と共に友人に託し

自分は、日本平へ行ってきました。

 

f:id:ackn14:20180812065155j:plain

 

寿司を食べに

 

 

フロンターレを応援しに、雨上がりのIAIスタジアムへ。

 

で、開門1時間前ぐらいに到着したんですが

 

f:id:ackn14:20180812074506j:plain

 

まあ~~~凄い人の数でした。

日本平にこんなにフロサポが来たの初めてじゃない?ってぐらい。

開門してから30分経ってやっと入場出来るレベルで、改めて優勝効果とお盆休み効果の凄さを感じました。

 

f:id:ackn14:20180812074516j:plain

 

最上段には立ち見客も大勢いて、ビジター側のスタンドをフロサポで占拠する日もそう遠くないのかな、と思います。

 

f:id:ackn14:20180812083504j:plain

 

試合の方ですが

ノボリがスパイク脱げたままプレー続行し、

40分経過したことだけを知らせる場内アナウンスにどよめきが起こり、

家長が色気出しまくりでR-18指定の自主規制が入り、

 

f:id:ackn14:20180812082127j:plain

 

川崎フロンターレ2‐1清水エスパルス

 

色々あって勝ちました~ )^o^(

 

 

もう、オレンジ色のチームに苦手意識があった頃が嘘のような。びっくりするほど強いです、フロンターレ。「強い」って言葉がピタリとあてはまる、そんな感覚です。

 

ただ、最近それに関して一つ悩みがあって。

今の先発メンバーが本当にレベル高すぎて、自分が応援しないでも勝手に強くなっていくような気がしていて。だから、最近は応援のモチベーションがめっきり下がってます。

 

チームを応援するというより、齋藤学や鈴木雄斗といったベンチスタートの選手を応援しつつ、チームの勝敗の行方を見守るというか。贅沢言っちゃいけないというのは承知の上で、レベルが高いプレーを見続けるモチベーション管理の難しさに向き合ってます。

 

なんでこんなこと考えながら応援しなきゃいけないんだと悩みつつも、来週のサガン鳥栖戦も等々力に行こうと思います・・・。

 

早く純粋な気持ちで応援したいなぁ・・・。

 

 

 

平和の願いを込めて

こんにちは

 

昨日は、73回目の長崎原爆忌でした。

 

戦争の被害に遭われた方に対する哀悼の意を込めて、折り鶴を作ったんですが・・・

 

f:id:ackn14:20180809133157j:plain

 

人生で初めて、自力で折り鶴が完成しました!(^o^)ノ イエー!

 

作る手順が複雑すぎて、今までずっと分からず終いにしてたから、ホッとしましたw

 20代にもなって折り鶴を作ったことない日本人、意外といるんですよ(ノ∀`)アチャー

 

 

 

f:id:ackn14:20180809142448j:plain

 

そんな僕が今回、折り鶴を作ろうと思ったのは

明日、Jリーグ初のピースマッチが開催されるからです。

 

ホームタウンが被爆地同士のクラブによる対戦は、やっぱり感慨深いものがありますからね。思いを何かしらの形で残したいということで作ってみました。

 

f:id:ackn14:20180809200020j:plain

 

で、作ってるときにふと思い出したのが、昨年11月のこと。

V・ファーレン長崎がクラブ史上初のJ1昇格を決めたときのセレモニーで、高田社長が平和に対する考え方について言及していました。

 

f:id:ackn14:20180809145242j:plain 

原爆を落とされた広島と長崎。

これは、平和について世界で唯一語れるクラブだと思うわけでございます。

ですから、長崎の地からV・ファーレンを通して、世界に平和を伝えていく役割を、このチームに持っていこうではありませんか!

 

 当時、DAZN中継でこの演説を聞いていて、感心したのを覚えてます。改めてこの人は凄いなと。

広島と長崎にしか出来ない「平和の発信」についてこの時から既に考えていて、サポーターに呼びかけ、そして明日ダービーが実現するという。

 

 ただこの時点では、サンフレッチェ広島のJ1残留がまだ決まっていなかったので、頼むから残留してくれと願ってましたw 

 

 この高田社長の演説を思い出して、僕もV・ファーレンを応援する一員として、戦争や平和について何か語ろうかな?と思いましたが

 

すいません、断念しました。m(_ _)m

 

長崎の地に足を踏み入れたことすらない自分が、長崎で起こった戦争について語れることなんて高が知れていて、語れるとしたらせいぜい

 

 乱暴行為は退場+直近1試合の出場停止処分に相当する

 

ぐらいです。もはやこれ長崎関係ないし。

 

 

それに、長崎に縁もゆかりもない自分がグダグダと書くよりも、長崎出身者が想いを綴ったブログの方が、何倍も説得力があって興味があって価値があると思いませんか?リンク貼るので、ぜひどうぞ。

 

 

 読みました?

どうです?興味深いでしょ?

 

 

僕がこのブログを読んで、強烈に痛感したのが

被爆地出身者とそれ以外の人の間には「絶対に越えられない壁」がある

ということです。

 

被爆地出身者ならではの体験談や生々しい話をしていて、すごく読み応えがある内容だと思います。それに比べてこっちは、初めて自力で作った折り鶴を見て喜んでんだぜ?┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

 付け焼き刃の知識しか持ってない自分の声を伝えるよりも、自分の体験を通して戦争の悲惨さを実感している現地の人の声を伝える方が、後世に歴史を残しやすいんじゃないかな。SNSがある今の時代なら手軽に共有できますし。

 

 

 

f:id:ackn14:20180809200724j:plain

 

 僕は、物心ついた時からずっと川崎で暮らし、14年間に渡ってフロンターレを応援しています。だから、フロンターレのことはもちろん、街の紹介もある程度は出来ます。

 

一方で長崎については、V・ファーレンにはつい最近の2週間前から入ったクソ”ド”新規で、戦争のことは他人任せで、観光地なんて現状では何も分かりません。だから、ここで長崎のことを知るのは難しいです。諦めてください。

 

このブログで僕が伝えたいことは、自分自身の体験談や想いであり、それをTwitterじゃ文字数が足りないからちまちま更新をしています。なので、9月29日に長崎を訪れて何か感じるものがあったら、みなさんにお伝えするつもりです。

 

 

 

f:id:ackn14:20180809214317j:plain

 

ささ、明日は清水エスパルス戦を観に、フロンターレの応援に行ってきます!(´∀`)/

 

ピースマッチについてはもちろんV・ファーレンに勝って欲しいけど、明日はスポーツが出来る平和に感謝することが重要なので、いい試合内容になってくれればそれだけで十分だと思います。でもやっぱりV・ファーレンに勝って欲しいから頑張って!

 

 

 

f:id:ackn14:20180809155722j:plain

 

しかしまあ、初めての折り鶴にしてはずいぶんとたくさん作ったけど

 

これ、後の処理どうしようか…w

 

 

心に在り続ける試合

先日の、FC東京 vs V・ファーレン長崎の試合

 

本当に軽い気持ちで足を運んだに過ぎない、もう一週間も前のことなのに

 

いまだに色んな思いが頭を巡っています…。

 

f:id:ackn14:20180807114852j:plain

 

サッカーファンのみなさんにとっても、記憶に残る忘れられない試合があるはずです。

 

初めて現地観戦した試合

劇的な勝利をあげた試合

優勝・昇格・降格が決まった試合 

 

僕にとって、忘れることの出来ない試合の一つが、あの東京vs長崎の試合です。 

おそらく、これから何年経っても忘れることはないんじゃないか、とすら思えるほど、本当に本当に印象深い試合。 

 

ただ、今まで他のJクラブに対してあまり興味を示さなかった自分が、なんであの試合に足を運んだのか、現地で何を一番感じたのか。

 

ちょっと振り返ってみました。

 

  

 

 

試合の数日前、僕はこう考えていました。

 

長崎サポーターへ恩返ししたい

長崎にはもっと高いところを目指してほしい

そして上位争い中のFC東京に勝ち点を与えたくない、というフロサポ的な私情も交えた複雑な応援理由。

  

 なので、長崎を応援しようと思ったきっかけを一言で述べるのは、ちょっと難しい。

 

 

家族や友達に誘われたわけでもなく

無料のチケットが手に入ったわけでもなく

 

「いいチームだから応援したい」

 

という、フワッとした理由…。

 

YMCAショーの印象が一番良かったから

サポーターに好感を持った、というのがおそらく最も主要な理由だと思います。

 

 

で、実際に長崎を応援に行こうか検討

 

この試合の日は特に予定もないし

味スタめっちゃ近いし

知り合いいるし(@ngsk_111

 

行ってみようかな

 

と、ノリと勢いでその日のうちにコンビニでチケットを購入。

 

ま、応援のきっかけなんて何でもいいし

スタジアムに着けばあとはみんな一緒だからと 、あまり考えずに行きました。

 

 

 

f:id:ackn14:20180728095656j:plain

 

そんなわけで、自分史上初めてとなるフロンターレ以外のJリーグ現地観戦。

 

基本的に僕は、チケット難民にならない限りゴール裏に行くことがないので、この日も端っこの方で応援しようかなー、と思ってたんですが。

 

こっち来て

ユニフォーム貸すから

 

っと、知り合いに呼ばれて向かった先が

 

f:id:ackn14:20180728103304j:plain

 

ここですよ!ここ!

 

 

f:id:ackn14:20180807121003j:plain

 

いつも等々力のメインスタンドでゆったり観てる自分が、他クラブのゴール裏最前列で観戦するっていうギャップが面白くて、勝ち点10ぐらい差し上げたくなるほどでした。あげませんけど。

 

  

そして、周りの長崎サポの方たちに挨拶すると

 

お、フロサポさん、よく来たね。

はい、えびせんあげるよ。

 

今日はね~、ジェフサポと甲府サポもいるからっ!

普段どこを応援してるとか関係なく

今日はみんなで長崎を応援しよう!

 

あっ、そこに置いてあるユニフォーム着ていいよ。

 

じゃ、応援よろしく!と威勢よくユニフォーム+タオマフを貸していただき。 

 

なんだこの温かさは。

やばい、し、死ぬ。

(◎_◎;) 

 

と、長崎サポのみなさんの歓迎と温かさでしめやかに爆発四散しそうになりました…。

 

f:id:ackn14:20180807190946j:plain

 

少し話は脱線しますが 

フロンターレも昔からずっと温かいと言われ続けてきたクラブです。

 

負けた試合の後でもブーイングしない。

かつて共に戦った選手には拍手で迎える。

ファンを楽しませる労を惜しまない。 

 

そうした取り組みが、このクラブに温かいという雰囲気を醸成してきました。 

 

ただ、時には他サポからそれを「ヌルい」と批判され、タイトルが獲れないのはそのせいだ、早く辞めればいいのに、と指摘を受けました。

 

それでもなお、自分たちのスタイルにこだわり続けたフロンターレは、昨年タイトルを獲りました。

 

V・ファーレンのみなさんも、周りになんと言われようと決してブレないで欲しいです。その雰囲気の良さは、必ず選手の後押しになるし、お客さんがスタジアムに足を運ぶきっかけになる。フロンターレが優勝して証明したことを上手く利用して力を付けていってもらえれば、フロンターレが一番喜ぶと思う。 

 

 

f:id:ackn14:20180807130203j:plain

で、この試合はというと、実に見応えがあって。

大久保拓生選手のビックセーブ、バイス選手の気迫あふれる守備、ファンマ選手による執念のゴールと、見どころが多くありました。

そのうえで試合に勝つことが出来て、とても嬉しかったんですが。

 

この日、僕が最高にうれしかったのは 

初めて会った他クラブの方々と共に喜び合えたことです。

 

f:id:ackn14:20180728165343p:plain

 

一緒に応援するならと応援グッズを渡されて

会社帰りの社会人と肩を並べて跳ねて

覚えたての応援チャントをうやむやになりながらも歌って

試合に勝ったら誰彼構わず抱き合い叫び、一緒に喜びを分かち合う。 

喜びを共有することで、喜びが2倍にも3倍にも膨らんでいく。

 

そうして、サッカーを応援する喜びをいつも以上に感じられたことが、本当に良かった…。

 

 

V・ファーレンを応援したい気持ちを持つ同志なら、初対面でもすぐに仲良くなり

何の見返りも求めず、ただ純粋にチームを勝たせたい一心で、一緒に汗水流して応援する。

贔屓クラブや年齢という垣根を越えて、人と人の間に絆が生まれる。

 

サッカーがなかったら出会うことがなかった縁に、感謝しています。

 

f:id:ackn14:20180728121400j:plain

 

タイトルが懸かった試合でもない。

残留が決まるような試合でもない。

他の人にとっては、34試合のうちのたった1試合に過ぎないかもしれない。

 

それでも、僕の心の中には

いつまでもあの試合の出来事が在り続けると思います。

 

 

f:id:ackn14:20180807185308j:plain

 

フロンターレを応援し続けてたら思いがけず巡ってきた、新しい出会い。

 

もしかしたら、僕の今後の人生を大きく揺るがすことになるかもしれない出会いだから、そのかけがえのない出会いをこれからもずっと大切にするためにも

8月25日に三協F柏スタジアムへと、またV・ファーレン長崎を応援しに行こうと思います。

 

 

 

 

DAZN観戦記 V・ファーレン長崎vs浦和レッズ

DAZN観戦なので、長崎サポさんのツイートと共にさらさら~っと試合内容を振り返っていきます。

 

試合前見どころなど

長崎サポさんがレッズサポにブーイングされて喜んでたり、初めて訪れた巨大スタジアムに目をキラキラさせながら見てたりと、J1初昇格チームらしい初々しさが随所に見られましたよ!来年も絶対にまた埼スタ行きましょうね!

 

 

 選手入場時には長崎出身・福山雅治さんの『クスノキ』を歌ってるそうです。サッカーを通して平和を発信するってこういうことじゃないでしょうか。これは素晴らしいですね。 

 

 

前半総括

長崎は、シーズン中に移籍してきた外国籍選手がゲームキャプテンを務める

バイス、やばいっす

(言いたいだけ)

 

0‐0の時間を長くしたい長崎が、上手く時間を進めつつ浦和ゴールを脅かすという、長崎にとって思惑通りな展開に。

すげえな

君らホントにJ1初昇格かい?

 

後半総括

62分、島田選手→武蔵選手による決定機はゴールポスト先輩に嫌われる!中村憲剛ばりの正確な浮き球パスを出せる島田選手、良い選手や・・・。

川崎においで。

 

後半ATのハンド疑惑の場面について検証したんですが、

  • ボールが蹴られた距離が近いこと
  • 腕を大きく広げていないこと

これを考えると、ハンドの判定は厳しいんじゃない?と感じます。

 

ただ、若干ボールの方向に腕が動いているようにも見えるので、審判によってはハンドと判定するかもしれません。結構際どいシーンでした。

 

f:id:ackn14:20180806194144j:plain

 

 試合総括

初めての埼スタで0‐0は凄くない?凄いよ!

川崎の初の埼スタは、3‐2でボコボコに撃ち合いして退場者が出て、試合が荒れまくったんだよ!本当に凄い!でも次に埼スタに来たときはしっかり勝とう!

 

 

浦和の大声援に紛れてかすかに聞こえる長崎サポさんの声援を聞くたびに、「応援行きたかったな」って強く思った。今度絶対行きます!

 

あと余談ですが、オリヴェイラさん。長崎のアウトオブプレーが長いって文句つけてますけど、川崎戦では接触プレーで散々倒れまくってたチームの監督ですよね。それでいてよくアンチフットボールとか言えますな…( ^ω^)

 

ささ、次はピースマッチですよ!勝利を目指して

頑張れ!V・ファーレン長崎

 

 

 

埼スタで勝てません vs浦和レッズ

 

f:id:ackn14:20180802114024j:plain

 

 

こんはんは

 

夕暮れになってもまだ日中の暑さが残るなか、浦和美園に行ってきました。

 

 

 

 

f:id:ackn14:20180802112736j:plain

 

埼玉スタジアム2002

 

 ふと振り返ってみると、この1年間でフロンターレは、このスタジアムでいくつもの激戦を繰り広げてきました。

 

 

1stレグを3‐1で勝利し、先制したものの悪夢の大逆転

2017 ACL準々決勝2ndレグ

 

川崎フロンターレ 1‐4 浦和レッズ

 

 

悲願の初タイトルに、あと一歩のところまで迫った

2017 ルヴァンカップ決勝

 

川崎フロンターレ 0‐2 セレッソ大阪

 

 

初タイトル獲得後、初めての公式戦となった

2018 ゼロックススーパーカップ

 

川崎フロンターレ 0‐1 セレッソ大阪

 

 

( ^ω^)・・・。

 

ここ最近はまるで良い思い出がない、なんだか相性の悪いスタジアムです。

 

 

f:id:ackn14:20180802120208j:plain

 

一昨日の7月31日(火)に誕生日を迎えた僕ですが、 浦和レッズ興梠慎三も同じ7月31日生まれです。

そういう繋がりで、僕はひそかに興梠慎三を応援してます。

 

 

 

 

 そう、

 

このあと、この男にやられるとも知らずに 

 

f:id:ackn14:20180802123040j:plain

 

前半7分

川崎F 0-1 浦和

 

得点者:興梠慎三

 

 

 ( ^ω^)・・・。

 

32歳の誕生日

おめでとう!(涙目)

 

 

f:id:ackn14:20180802121754j:plain

 

その後は、フロンターレが何度も決定機を作りました。ただ、これを小林悠がことごとく決めきれず。

試合終盤には、鈴木雄斗がPKを献上し、敗戦濃厚の展開に。

 

正直、ここまではただの敗戦って感じだったんですが、

 

 

試合終了の笛を待たずに席を離れるフロンターレサポーター達。 

そして、その人のためにやむなく道を開けているのに、遮られる視界。

特定の選手を罵倒する、聞くに堪えない声・・・。

 

f:id:ackn14:20180802125539j:plain

 

そんな光景を目の当たりにして

 

腹立たしくもあり

悔しくもあり

情けなくもあり

  

 

サポーターも含めて、残念な敗戦だったな、思います。

 

 

f:id:ackn14:20180802123040j:plain 

 試合終了

川崎フロンターレ 0-2 浦和レッズ

 

また埼スタで勝てなかった… orz

 

 

f:id:ackn14:20180802133521j:plain

 

負けた時の埼スタの帰り道は、いつもより距離が長く感じる…。

 

 

まあ、本当に長いんですけど(;´∀`)

 

 

長崎サポさんには、ぜひ勝ち点3を持って

この道を大股で歩いてほしいと思う。

 

f:id:ackn14:20180802133744j:plain

 

次の神奈川ダービーこそは、小林悠がゴールを決めてくれると信じて。そして、V・ファーレン長崎浦和レッズに勝つと信じて、両チームに声援を送ります。

 

 

次は勝とう!

V・ファーレンフロンターレ